イメージ画像

一般的な在宅ワークと在宅保健師の違い

現在、様々な理由で在宅で働いている人たちがたくさんいます。在宅にいながら、生計を立てている人も珍しくはありません。

一般的に在宅ワークと言われると、ウェブ上にアップする記事を作成したり、リライトしたりする作業や、データ入力、ウェブデザインやイラストレーターなどが思い浮かぶと思います。

しかし、実は保健師にも在宅ワークってあるのです。保健師は学校や病院、公的機関や企業などで働いているのが一般的だと思いますが、中には在宅で保健師として働いている人もいます。

在宅保健師を募集しているのは、主に区市町村の自治体です。そのため、地域新聞や地域のホームページでしか求人を出していないことが多いのです。なので、探すのがとても大変だと思います。

そして、在宅保健師には2種類の業務があります。まず、1つ目が自治体から依頼があった現場に向かって保健師の業務を行うということです。

お仕事はスポットであるため、短期の派遣アルバイトのような感覚ですね。毎回現場違いますので、新鮮だと思いますが、毎日仕事があるわけではなく、不定期なので、毎日長時間働きたい人は普通に就職したほうが良いと思います。

2つ目が、自宅でのレポート作成です。この場合は、依頼された場所に行くということではなく完全に自宅で仕事をすることになります。

どんな人が在宅保健師に向いているのかというと、子育てや介護などで、外で働けない人です。アルバイトであってもシフト通りに勤務しなくてはなりませんので中には短時間のアルバイトでも勤務は難しい人もいます。

そのような人には、不定期で、単発派遣のように働ける在宅保健師がぴったりなのです!子育てや介護などによるブランクを防げますし、雇用先の地域から離れたところに派遣されることはあまり無いと思いますので、通勤もそこまで大変ではないでしょう。

レポート作成なら、〆切はありますが、子育てや介護をしながら、仕事できますし、スキマ時間を有効的に使いたい人にはおすすめです。ちょっとした時間で上手く働きたい人は是非在宅保健師の求人を探してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ