イメージ画像

コールセンターでの保健師求人

コールセンターは、主に電話で様々な相談を受付けている窓口であり、誰もが一度は利用したことがあるのでは無いでしょうか?
保健師求人サイトを選ぶなら?

実はここ最近、健康相談を受け付けているコールセンターが増えてきており、体調についての相談や精神的な悩みまで受け付けているのです。

このような健康相談を受け付けているコールセンターでは的確にアドバイス、指導できるプロが必要となります。健康を維持するための専門家といえばやはり保健師となるので、コールセンターで大量に保健師を募集していることも多くなっているのです。

コールセンターはそれなりの人数が必要であり、ストレス社会、高齢化社会において、健康相談をする人も多くなっているため、たくさんの保健師がコールセンターに必要なのです。

医療機関で受診するにも、どこで受診すれば良いのかなどアドバイスしなくてはりませんし、生活習慣を改善することで良くなるようならば、どのように改善すれば良いのか知識を活かしてその人に合った方法をアドバイスしなくはなりません。

また、食生活や運動方法においても指導しなくてはなりません。電話で相談者に健康指導を行うということが、コールセンターでの保健師の仕事となります。

ただし、コールセンターでは精神的な悩みを相談してくる人も多く、精神的なカウンセリングをすることに関しては保健師の資格や知識だけでは難しい部分があります。

精神医学の知識が多少は必要になるますので、カウンセラーの資格などを持っていると働きやすくなりますし、就職の際も有利になることがあります。

また、看護師から保健師へ転職した場合、精神科や心療内科での勤務経験があれば、その経験は役に立ちますので優遇されることもあります。しかし、そのような経験や資格がなくても、現在、コールセンターの保健師の人材は不足しているため、比較的採用されやすい職場でも有ります。

電話業務に抵抗のない人ならば、相談者を目の前にして直接触れ合うわけではないので逆に働きやすいと思える部分があると思います。需要も多く、注目を集めている現場でもあるので、就職先の候補として視野にいれるのもオススメですよ!

地域の母子の健康を守る保健師

保健師の役割は病気の予防、健康の増進です。しかし保健師といってもその職場や担当する分野によってその仕事は様々です。

地域の保健所や保健センターなどで働く行政保健師、企業で働く産業保健師、学校で働く学校保健師(養護教諭とは異なる)などがあります。

行政保健師の中に地域の母子の健康を守る役割をもつ保健師がいます。地域の市町村保健センターは母子保健の拠点となり、保健師を中心に運営されています。

市町村保健センターの母子保健の主な業務は母子訪問、新生児訪問、母子健康手帳の交付(市区町村の役所でも交付が受けられる)、健康診断や育児相談、各教室(妊娠中のプレママ教室や離乳食教室、虫歯予防教室など)などで、地域によって多少異なります。

こういった事業は、妊娠・出産した母子にとってとても身近な事業になります。

訪問事業は全戸対象の事業です。出生を届け出ると、保健センターの保健師または助産師が訪問し、母子の健康チェックや相談を受けます。

まず母親の血圧測定や浮腫の有無などに加え、産後によくある精神的な症状、兆候がないかチェックします。そして赤ちゃんの身体測定、体重増加を確認することで赤ちゃんの成長発達もチェックします。

保健師、助産師が直接各家庭を訪問する利点としては、新生児は外出できないため、来てもらえるのは助かります。また、訪問が里帰り出産などで新生児期を過ぎていたとしても乳児連れの外出は大変なので訪問は嬉しいですね。

訪問することで赤ちゃんの生活環境もチェックできるので、起こりうる事故の注意喚起もできます。

乳児健診も必ず全員受けることになっています。著しい成長を遂げる乳児期ですが、成長スピードの個人差が大きく、母親にとっては悩みの尽きない時期と言えます。

そのような時期に順調に成長しているかどうか、健診で診てもらえると安心につながります。また児童虐待のスクリーニングにもつながります。

妊娠中の生活や離乳食、虫歯予防などの教室は各保健センターによって少しずつ異なりますが、母親にとって初めて経験することなので、教室として学ぶ機会があること、またそこで同じ境遇の地域の人と知り合えるという利点があります。

そのほかにも必要に応じて、妊娠・育児における相談事業もあります。このように、妊娠・出産した母子にとってとても身近な事業がたくさんあり、健康を支えてくれるのが母子保健に関わる保健師なのです。"

保健師の重要性が重視されています

保健師とは、看護師と同じように国家資格を持ち、地域に根差した保健・看護の仕事をする仕事です。看護師との違いは、仕事の幅に現れます。

看護師は、何かしらの病気を持っている方への対応がメインですが、保健師は、赤ちゃんが生まれる前の、妊婦指導から、赤ちゃんの検診・健康指導・衛生指導・食改の指導・高齢者の高血圧予防・メタボ改善・訪問介護など、対象となる年齢層が決まっていません。

介護関係の職業は、行政の後押しもあり、介護離職ゼロを目指しています。介護施設では、施設内での職員も、在宅介護に対する支援サービスを仕事とする職員も、求人が増えています。

保険師は、その中でも訪問診察という仕事で、活躍します。訪問診察は、通院できない方で、寝たきりになっても、自宅で療養したい方に、必要とされています。

食改は食事改善のために、婦人会を中心に、地域の健康推進のために、食材や減塩などについて考え提案する会です。どこの地域にも食改はあり、その指導をするのが保険師です。減塩について勉強する時は、実際にメニューを考え、作るところまで指導します。

健康指導については、定年後のコミュニティーに出向き、健康促進のために運動を指導します。メタボ防止について説明し、運動の必要性を説明します。

最近では、ロコモケアとして、生活に必要な動きに対して、支障がない身体を作るために、身体を動かす、ということをメインに指導されています。

保健師は、看護師よりも身近に感じられています。介護の面で、保健師の役割は大きいです。訪問介護で大変なのは本人よりも家族と言われます。

その悩み、対応の仕方にアドバイスし、解決に導きます。寝たきりの方を見る家族は、寝る暇もなく、健康を害してしまいます。その時、家族は、どのようにして介護したらいいのか、途方に暮れてしまいます。

保健師は、今までの経験や最近の便利グッズを利用し、対応することで、介護する側・される側の関係を良好に保ちながら、アドバイスしてくれるのです。そのことからも、介護に対する保険師の必要性は、重要とされているのです。"

このページの先頭へ